お葬式プラン

神式・キリスト式

神式

祭壇

神事はすべてマツリととらえ、神職が祭事を執り行う為、神道の葬儀は葬儀とはよばず、「神葬祭」と呼称致します。
葬儀は悲しいですが、花や、音楽や、躍りなどで悲しみを紛らわす。
神道の葬儀は悲しみや不幸を禊祭(みそぎまつり)や霊祭等により浄化するのが目的です。

キリスト式

キリスト教の祭壇

故人への愛と敬意の表現とともに、遺族に対する慰めと励ましを目的としています。
葬儀では、賛美歌(聖歌)が歌われ、祈りがささげられ、残されたものを励まし、力づける説教が語られます。
多くの場合は最後に遺族・親族と参列者より献花を行って頂きます。
死者への供養と言うことではなく、祭壇を飾り生前のことを感謝する心を持って遺体の周辺を飾ることに参列をするという意味なのです。
基本的には、故人を礼拝の対象とは考えないので遺影写真や遺体に手を合わせたり、拝んだりはしません。

今すぐ資料請求

お問い合せはこちら

このページのトップへ